HOMEGreeting

Greeting

日本のスピントロニクス分野の研究者コミュニティは、日本学術会議「マスタープラン2014」重点大型計画に応募し、多数(全分野で224件)の応募の中から2014年3月に採択されました。さらにこの重点大型計画27件を対象に文科省で審査があり、われわれのスピントロニクス分野の提案を含む10件が「学術研究の大型プロジェクト?ロードマップ2014」に採択されました(2014年8月末に決定)。このことは、スピントロニクス分野における日本の研究者および研究グループは世界的に活躍し重要な貢献をしており、この分野が基礎科学および工学や産業の発展にとって非常に重要であることが認識された結果であると思っております。本事業では、「スピントロニクス連携研究教育センター」を拠点大学(東京大学、東北大学、大阪大学、慶應大学)に設置し、主要大学、国研、関連企業をはじめとする国内有力研究機関を結ぶネットワーク拠点とする計画です。組織間の連携により、日本の研究力、産業競争力を高め、技術革新を起こすと同時に、次世代を担う研究者や技術者を育成することを目的としています。
 4拠点大学では、日本学術会議「マスタープラン2014」重点大型計画および文部科学省「学術研究の大型プロジェクト?ロードマップ2014」に採択された計画を進めるために、かねてより概算要求を行っておりましたが、幸いにこれが認められ、平成28年度から「スピントロニクス学術研究基盤と連携ネットワーク(Spintronics Research Network of Japan, Spin-RNJ)」拠点の整備が開始され、東京大学、東北大学、大阪大学、慶應大学の4拠点大学に「スピントロニクス学術連携研究教育センター(Center for Spintronics Research Network, CSRN)」が正式に発足することになりました。

 大阪大学では、世界トップレベルにある日本のスピントロニクス研究の国際競争力のさらなる向上、新産業創成と現産業の強化及び次世代人材の育成を通じて、地球規模の全人類的課題の解決と、独創性にあふれる次世代研究者を育成することを目的とし、理学研究科、工学研究科、産業科学研究所などの教員が兼任教員として参画し、全学的な協力支援体制のもとに、本研究科附属「スピントロニクス学術連携研究教育センター」を設置しました。本センターは、本学のスピントロニクス研究の拠点となり、ミッションの異なる拠点大学(東京大学[マテリアル創製]、東北大学[デバイス創製]、慶應義塾大学[量子スピントロニクス創製])とネットワークにより連携し、大阪大学[マテリアル・デバイスデザイン]のミッションであるデザイン主導によるスピントロニクス共同研究を推進することにより、All Japan体制でのネットワーク型の革新的省エネルギーデバイス開発の研究教育を行います。 本センターは、
【1】スピントロニクス人材育成研究教育部門(材料設計施設)
   (1)スピントロニクスデザイン手法開発分野
   (2)多階層連結デザイン手法開発分野
   (3)モルトロニクスデザイン手法開発分野
   (4)強相関スピントロニクスデザイン手法開発分野
【2】スピントロニクス開発研究教育部門(素子設計施設)
   (1)計算機ナノマテリアルデバイスデザイン分野
   (2)半導体ナノスピントロニクスデザイン分野
   (3)酸化物スピントロニクスデザイン分野
   (4)モルトロニクスデザイン分野
   (5)メタルスピントロニクスデザイン分野
   (6)クォントロニクスデザイン分野
の二つの部門から構成され、各部門は、それぞれのもとに設置される合計10分野から構成されています。

このページのトップへ